【復縁】離婚した相手とのよりを戻す時の禁じ手6箇条

復縁応援団長@夢アニキです。
こんばんは。


あなたは、離婚した相手との復縁を望んで
いませんか?


いなくなって初めて気が付くことは、
恋人同士の場合よりもずっと多いはずです。


それが復縁を考える動機にもなっている
ようですね。


*改めて再婚をするケース、
*籍は入れないで同居するケース、
*恋人として別居してるケース、


様々なケースはありますが、
1つの形としてつながりを元に戻すカップルも
多いのです。


では、離婚から復縁したいと思った時に、
どういうことが禁じ手、つまりタブーな言動
になるのか?


続きは動画でご覧になってください。


復縁無料メール相談


禁じ手とは、

*相手の状況や心境を無視して強く復縁を
 迫る

*相手の状況や心境を利用するかのように
 復縁を迫る

*用事も無いのに頻繁にメールや電話をして
 様子を伺う

*行動や態度に干渉し、今相手に別の恋人が
 いないかを探る

*自殺や、迷惑をかける行為などをほのめかし
 教唆する

*両親、子供や親戚づきあいを利用して
 復縁を迫る

この6個です。


タブーな言動の内容も、
恋人同士の復縁の場合とと少し違いますよね。


恋人の場合と比べて、
夫婦の場合は一緒に居た時間が長い、
子供やお互いの両親や兄弟等の家族との
付き合いがある、などの


少し特殊な事情がありますが、
やはり、これらが障害にならなければ、
復縁まで行くことが多いでしょう。


でも、
複雑の事情が障害になっているにも拘わらず、
あなたが復縁を望まれるなら、


人間関係が複雑になっている分だけ、
小野田ゆうこに相談して、
多くの障害を取り除くのがベストだと思います。

http://kariyan.net/k/g4zdlrc


あなただけの事情にに特化した改善方法など
最適なアドバイスを貰えます。


あなたの復縁を心から願っています。

夢アニキ・・・・・でした。




【AD】 自分磨きのお手伝い
美容サービスで50年以上の実績! 【ソシエの美白フェイシャルエステ】




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です